nakagawast.jpg

中川式腰痛治療法

nakagawa.jpg
nakgawasya.jpg

中川式ストレッチ 中川卓爾の腰痛治療法では、

腰痛治療の第一人者・中川卓爾が、

医者がさじを投げた重度の腰痛でも

「整形外科や整体院などに通わず」、

「手術や投薬なども一切せずに」

自宅で腰痛を治せる

中川式腰痛改善ストレッチをお伝えします。

中川式腰痛治療法!詳細はコチラ



中川式腰痛治療法は

なおる見込みがないと

医師にさじを投げられた1000人以上の

「坐骨神経痛」、「脊柱管狭窄症」、

「分離症・すべり症」、「椎間板ヘルニア」

など様々な患者さんの腰痛をも

治すことができた腰痛治療法です。



自宅で簡単にできるシンプルな方法です。



中川卓爾先生は、腰痛は腰の使い過ぎが原因ではなく

逆に、

「使っていないから腰痛になる」のだと

言われています。


そして、腰痛の原因は腰以外の“ある部分”なんです!


その腰以外の“ある部分”を

正しく使うことで痛みがなくなり

動かせば動かすほど、

短期間で腰痛を解消させることができるそうです。


腰痛を改善するだけでなく

腰痛の再発も防いでくれる効果もあります!


その具体的な実践トレーニングの理論と方法を

わかりやすくDVDにまとめたのが

中川卓爾の中川式腰痛治療法です。


中川式腰痛治療法で腰の悩みを改善した方々の

生の喜びの声をご覧ください。

(動画ですので作文ではありません)


中川式腰痛治療法!詳細はコチラ

坐骨神経痛と椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因となる主な疾患

・椎間板ヘルニア

坐骨神経痛とは特定の疾患を指す病名ではなく、
坐骨神経が圧迫されることが原因で
「椎間板ヘルニア」だったり、
「脊柱管狭窄症」だったりします。

ですので、坐骨神経痛と医者で言われた人の本当の病名は、
坐骨神経痛ではなく、椎間板ヘルニアだったり、
他に原因が隠されていることがほとんどです。

椎間板ヘルニアとは激痛を伴う坐骨神経痛の原因としても有名です。

椎間板ヘルニアの原因はこのようにして起こる

椎間板ヘルニアが起こる原因として、
腰椎にかかる「縦のストレス」と「反るストレス」があります。

「縦のストレス」とは、現代人の生活環境に
大きく関わっていますが、長時間不自然な姿勢でいたり、
座りっぱなしだったりすると自分の体重を腰椎で支え続け、
大きなストレスがかかります。

「反るストレス」とは、前かがみで重い物を持ち上げたり、
激しいスポーツをして腰をひねったり、
などといったことがきっかけでヘルニアになることが多いのです。

それによって、椎間板の中にある髄核という
少し水分を含む物質ですが、
それが圧迫されて飛び出し神経を刺激します。

そこには坐骨神経があります。
その坐骨神経に圧迫が加わって腰が痛い、
足が痺れるといった症状が表れます。

坐骨神経とは、「第四腰椎」と「第五腰椎」の間にある神経と、
「第五腰椎」と「第一仙椎」の間にある神経をいいます。

椎間板ヘルニアが起こる原因を、
あんこ餅を使って説明していきたいと思います。


出来立てのあんこ餅を手の平に乗せて上から
「ギュッ〜」と力を入れて押さえると、
皮の薄いところからあんこが出てきます。

椎間板ヘルニアもこれと同じ原理でおこります。

簡単に言えば、椎間板に圧力が加わって、
中の髄核が飛び出したのが「椎間板ヘルニア」なんです。


中川式腰痛治療法!特典付返金保証はコチラ

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 中川卓爾の腰痛治療法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
食事療法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。